小さな星がほらひとつ

もくもく学ぶ

英語・TOEIC・映画について

MENU

Netflixの映画・ドラマは英語力を上げる?うん英語字幕ならね

f:id:movie-5555:20200131193933j:plain

TOEIC・英検対策を継続するには

TOEICの学習していて、集中力を継続するのは難しいことがありませんか。問題のストーリーが単調で、少し退屈ですよね。やっぱり自分の興味がないストーリーだと、やる気の維持が難しい

二日くらいはTOEICの問題集に集中できますが、三日目くらいから「明日からやろう!」と先延ばしまうことも...。

実際の試験問題では「テーブルでお客様が向かいあって座っています」とか「店員が接客中です」とかだったり、ストーリー性がない、ぶつ切りの情報が提示されますよね。

「もっと興味がある分野だったら、意欲的に取り組めるはず」と感じませんか。私は「もっと面白いエピソードだったら、集中して学べるのに」と勉強法に悩んだりしていました。

実は、この記事で紹介する多読・多聴を実践すると、英語を日常生活の一部として取り入れられます。

多読・多聴を継続できたからこそ、私はTOEIC855点を獲得できたといって間違いありません。

この記事では多読・多聴のポイントと、多聴におすすめのNetflix動画を紹介します。

記事の方法を採用すると、英語の勉強を楽しく継続でき、TOEIC・英検の点数がサクサクと上がります。

TOEIC・英検対策を楽しむ化する

TOEIC・英検の勉強って長期的に取り組まないと点数は上がらないと、頭では理解できますよね。事実、TOEIC900点・英検1級を達成できたのは、もれなく地道に英語取り組めた人たち。

f:id:movie-5555:20200131192720j:plain

でも悲しいかな、「3日で英語を理解する」とか「1週間でネイティブと話せる」などの楽しい言葉に飛びついちゃいますよね。すぐに英語ができるようになるのは難しいことはわかっているのに...

こと「英語」の話になると、手っ取り早い「甘い言葉」に飛びついてしまいがち。「英語」の話になると、判断能力が鈍ってしまう。

スポーツやゲームを例にとっても、すぐにうまくなることってありませんよね。上手になるには、どうしても一定期間の練習が必要。「3日でプロサッカー選手のようになれる」と書いた本があっても、それは信頼性がないことはわかると思います。

どの分野でも上達には、その練習・学習時間を確保することがカギです。

そして英語を継続するコツ は、自分の好きな分野と英語をつなぐこと。例えば、海外ドラマが好きな人は、それを英語で学ぶいいでしょう。好きなことは、飽きずに継続できます。

好きなこと、例えば趣味って不思議なほど集中できますよね。好きだからもっと学びたいとも思いますし、飲み込みも早い。「好き」というソースがあると、それがエネルギーとなり、物事に熱中できる。 f:id:movie-5555:20200131193310j:plain

英語が趣味という段階に引き上げられれば、英語の上達も早いはず。

英語を趣味化する。多読・多聴は英語力をあげるカギ。

具体的に英語を趣味に引き上げるには、英語と自分の好みをマッチングさせるといいです。

このとき、「自分の好きな分野はなんだっけ」と掘り下げてみるといいでしょう。ビジネス本や、自己啓発本、自叙伝、小説が好みの人もいれば、映画や、ドラマ、アニメが好きな人もいるかもしれません。

好きな分野をピックアップして、英語とかけ合わせてみましょう。小説 × 英語、ドラマ × 英語、といった具合に。このように洋書やドラマで英語を勉強することを多読・多聴と言います。

その効果は信頼性があり、英語のプロである通訳者も取り入れているほど。

英語教材でベストセラーを生み出している、森沢洋介先生はサイトで多読・多聴の重要性を以下のように表現しています。

例えば、英語のプロ中のプロである同時通訳者は、その完璧なリスニング能力と見事なスピーキング能力ばかりが強調されますが、その裏で膨大な量の英語を日常的に読んでいるのです。プロの同時通訳の中で、英字新聞が読みこなせない人や、生涯に英語の本を一冊も読んだことのない人など一人もいないでしょう。

URL : http://mutuno.o.oo7.jp/05_training/05_training05.html

英語のプロでさえ、大量に読むこと、聴くことが必要になることが伺えます。プロが行なっている勉強法は、ぜひTOEIC・英検対策にも実践していくといいでしょう。

私が多読・多聴に取り組むとき、小説やドラマ・アニメが好きだったので、その分野から攻めていきました。寝る間を惜しんで、読書・鑑賞したことも....。

多読・多聴にはこれ一本!Netflixの英語字幕

多読・多聴のなかでも、おすすめの分野はドラマとアニメ。30分ほどのエピソードからはじめると、負荷も高くなくスムーズに取り組めるはず。

学習者のレベルによって、字幕をうまく活用すると効果的。日本語吹き替えでストーリーの流れをあらかじめ理解してから、英語字幕で学習するというのもいいと思います。

英語に自信がある人は、予備知識もなく英語字幕に挑戦するのもいいかもしれません。

はじめてみるとその効果に驚くはず。集中力の高さに。”楽しいこと”は、集中を何倍も加速させます。

f:id:movie-5555:20200131193627j:plain 熱中できると、記憶できる量も増加。TOEICの試験でも、「あっ、これアニメで聴いたことがあるフレーズだ」となることがよくあります。うまく学習できている証拠かもしれません。

ドラマ・アニメのなかでも英語学習と相性がいいものは、コメディー。いわゆるシットコムと言われる作品です。エピソードごとに物語が完結しているので、面白いエピソードから鑑賞することだってできますよ。

笑えるから、何度も観られる!何度も観られると、フレーズを脳に刷り込めます。英会話でフレーズがとっさに出てくるほど。

リスニングとリーディングを同時に鍛えられる、バランスの良い勉強法です。

おすすめのシットコムのドラマ・アニメは、「フレンズ」、「ボージャック・ホースマン」、「リック・アンド・モーティー」、「サウスパーク」、「ビッグバン・セオリー」など挙げればきりがありません。Netflixは英語字幕を表示できる作品が多いので、イチオシ。

「フレンズ」は語彙が易しいので、初心者に向いています。次のレベルとしては「ボージャック・ホースマン」が最適でしょう。

ただ自分の興味があることが重要なので、予告編などを観てみて、相性を確認するといいと思います。

多聴・多読でリーディング・リスニング・スピーキング力を養う。和訳の練習だってできちゃう

ドラマ・アニメで英語で身につけた人は、驚くほど多いです。例えば日本語が流暢な人は、日本のドラマ・アニメで学んだ人が多い。テレビで留学生が、その日本語のよどみがない理由を問われて、「ドラゴンボールとかナルトで勉強したよ」と答えていました。

ドラマ・アニメの学習の効果は間違いありません。楽しく勉強できた人の語学力は高い、確実に。ストーリーの流れから英語を学ぶべるから、記憶の定着率もよい。

f:id:movie-5555:20200131194205j:plain

私が英語字幕の勉強を取り入れてから、特に実感した効果はリーディング・リスニング力。

具体的には、音と英文をリンクする能力が向上。学習を始める前は、英語のつづりとそれが実際に発声される音がつながりませんでした。

しかしドラマの英語字幕を観ながら、発声される音を注意深く聞くことを繰り返すうちに、その感覚が養うことができたと言えます。

物語を深く理解したいから、身構えて音を捉えようとする。繰り返すうちに、リスニング力が自然と身につく。

また英語の字幕が表示される時間は限られているため、リーディングスピードを上げないと追いつけない。その結果として速読の能力も鍛えられました。

日本語吹き替えと、英語字幕を交互に聴くことで、和訳の練習もできますよ。吹き替えはプロの翻訳者が翻訳したものだから、その品質も保証付き!

ちょっとした空き時間に、Netflixで英語学習

Netflixはドラマ・アニメを、スマホにダンロードできます。そのためちょっとした空き時間に取り入れることができますよ。

通勤・通学時間のちょっとした時間に、英語学習を積み重ねると自然と英語が身につくでしょう。

ドラマ・アニメを使って楽しく勉強を継続しませんか。

movie-5555.hatenadiary.jp

[http://movie-5555.hatenadiary.jp/entry/2020/01/21/TOEIC%E3%83%86%E3%82%B9%E3%83%88%E5%87%BA%E3%81%99%E3%81%8E%E3%82%8B%E5%8D%98%E8%AA%9E%E5%B8%B3%E3%80%82TOEIC_L%26_R_TEST%E5%87%BA%E3%82%8B%E5%8D%98%E7%89%B9%E6%80%A5_%E9%87%91%E3%81%AE%E3%83%95:embed:cite]

movie-5555.hatenadiary.jp

movie-5555.hatenadiary.jp